Blog

2019/12/25

添加物フリーの生活に向けて

いま、日本で食品添加物について意識をせずに生活をしていると、

 

 

スーパーで買う食材、お弁当などの加工食品、飲食店での料理の中に含まれているかなりの種類・量の添加物を摂取していることになります。

 

 

添加物の害を科学的根拠を持って証明することはこのblogでは困難ですが、よい腸内環境を保って、体調を整えるためには、添加物は出来るだけ摂らない方がよいというのが自分の考えです。

 

 

ただ、毎日会社に通うなどの生活をしていると、3食全て自炊や手作りのお弁当で済ますことはなかなか難しいため、完全に添加物を排除するのは困難で、意識をして出来るだけ添加物の摂取を減らすというのが現実的だと思います。

 

 

また、本来は、添加物=全て害ではなく、例えば豆腐を作る際に使うにがりのように、食品添加物ではあるけれども、豆腐の製造過程では必要なもので、摂取しても問題ないと考えられているものもあります。

 

 

アミノ酸や香料などの(味を調えるために使われているものの本来は)不必要な添加物や、化学合成された添加物を摂らないように心がけることが大切です。

 

 

そうした食生活を行う選択肢 が多い社会を作るために出来ることを、考えて行きたいと思います。

2019/12/18

米国のオーガニック事情

11月下旬に一週間ほどお店をお休みして、同じ下北沢のカフェレストランinningプラスさんのご夫妻と共に、米国・ロサンゼルスに商品の買付けの交渉と視察に行って参りました。

 

 

アメリカの中でもロサンゼルスのあるカリフォルニア州は、環境分野やオーガニックの分野で最も進んでいる地域です。

 

 

街中の至る所に、人気のヴィーガンのお店があり、オーガニック系のスーパーも、以前は、Whole Foods, Trader Joe’sが中心でしたが、今は、Erewhon, Lazy Acres, Sproutsなどが人気です。

 

 

ヨーロッパの若者の間では、かなりの割合(多いところでは2割ほど)がヴィーガン、ベジタリアンになりつつあることを以前紹介しましたが、米国でもヴィーガンが普及しつつあります。

 

 

昔は、ごく一部の人が肉を一切食べないヴィーガンになっているというようなイメージがありましたが、今は、普段はお肉を食べている人が、今日は少し健康的な食事をしたいから、ヴィーガンのお店に行こうかというように、ヴィーガン/ベジタリアンが多くの人の選択肢の一つにあがっている状況です。

 

 

なぜ、ヴィーガンがここまで普及してきたかというと、まだ発展途上の分野のために、色々なメニュー開発が行われており、お洒落で魅力的なお店や商品が多く出てきているからだと思います。

 

 

オーガニックのスーパーに行ったり、ヴィーガンのレストランに行くのが、お洒落で楽しい(ワクワク感がある)から行くという状況です。

 

 

米国では、選択肢が多くあるので、健康的な食生活を送ろうと思えば、(ファーストフード毎日の生活よりは少し値段は高くなるかもしれませんが、)無理なく実践できます。

 

 

日本では、まだまだ、オーガニックをはじめ健康的な食事を提供するお店が一般的になっていません。

 

 

我慢して健康的な食事をするのではなく、楽しみながら健康的な食事をする選択肢が日本でも増えていくように、Kumeysももっと頑張りたいと思っています。

 

 

ただ、思っているのと、実際にやることには大きな差があり、自分もお店をオープンする前は、こういうことをやりたい、こういうお店にしたいという理想がたくさんあったのですが、

 

 

いざお店をオープンしてみると、毎日、目の前にあるたくさんのやることをこなすのに精一杯で、なかなか理想の実現にはたどり着いてこれませんでした。

 

 

いま、(時間の面、能力の面、アイディアの面など色々な面で)一人で行うことの限界を感じており、Kumeysの理念に共感していただける方々の助けを今後も借りながら、2020年はより皆さまに納得していただける、よいお店を作りたいと考えています。

 

 

 

(LAにあるヴィーガンのハンバーガー屋さん。普通に食べたらヴィーガンとは気付かないレベル)

 

 

 

(知る人ぞ知るLAのオーガニックストア”Cookbook”)

 

 

(オーガニックのスーパーマーケットで一番熱いのは”Erewhon”ですが、”Lazy Acres”も人気)

 

 

(Erewhonの店内。写真では伝え切れていませんが、活気あふれるワクワクする空間です)

 

 

(LA近くのヴェニスビーチにあるヴィーガンカフェは大人気)

2019/12/10

近況の報告

しばらく、毎日、早く終わらせなければいけない作業が溜まっている日々が続いており(今もまだやることは多いのですが)、Blogの更新が滞っておりました。

 

 

Kumeysは昨年5月末にオープンしてから、早くも1年半が経ちました。

 

 

その間、お店のスタイル、営業時間、メニューの内容などについて試行錯誤を繰り返し、カレーフェスティバルなどのイベントにも参加しながら、ようやくいま目指す形が見えてきた状況です。

 

 

一番人気のメニューの薬膳カレーを柱にしながら、有機野菜をたくさん使ったプレートメニュー、自然派ワインや身体に優しいカクテル、アピタイザーなどを提供し、メニューのうち半分近くをヴィーガン料理とするスタイルに落ち着いてきました。

 

 

いまKumeysで提供している食事は、人気のビストロのように洗練されたメニューではなく、オーガニック野菜などのよい素材を使い、身体に負担のかかる化学合成添加物や白砂糖などを使わず、素材の味を生かしたシンプルな料理が中心です。

 

 

今後は、アピタイザーやドリンクメニューを拡充して、更に少し選ぶ楽しさを感じることができるお店にしたいと思っています。

 

 

お店へのご意見・ご要望などありましたらメールにてご連絡をお待ちしております。

kumei@kumeys.com

担当:粂井


PAGE TOP