Blog

2019/03/20

飲食事業を始めた経緯 6(農水省での研修の続き)

農林水産省での農村派遣研修について、もう少し書きたいと思います。

 

派遣先については、自分で希望を出せますので、同僚の職員もそれぞれ日本各地の農家に研修に行きました。

 

 

せっかくの研修の機会ですので、普段体験できない場所に行きたいと思っている人が多く、沖縄の離島や、北海道などが人気でした。

 

 

勿論、単に沖縄や北海道に行きたいなどと言っても希望は通りませんので、もっともらしい理由をつけます。沖縄であれば、過疎の離島地域における農業振興を通じた地域活性化について考察したいということや、北海道であれば、大規模経営農業について学びたいなどです。

 

 

研修先に有機農家を選んだ人は自分の知る限り当時はほとんどいませんでしたが、私と同じ部署の同期職員がちょうど同じく、有機農業を学びたいと希望を出しました。

 

 

彼も有機農家への派遣が無事に決まったのですが、よく聞いてみると、有機栽培を行っているタバコ農家だったようです。彼はタバコが大嫌いでしたので、ショックを受けていました。

 

 

自分や同じ部署の同期職員の彼のように、研修で有機農家に行ったものからすると、なぜ農水省はもっと有機農業を振興しないんだろうと思いましたし、そのような質問を受けることも多くありました。

 

 

それに対する答えの一つとしては、関心を持っている人が少ないからだと思います。

 

 

農水省の職員であれば、ほぼ全員が日本の農業を活性化させるということを目指していますし、環境保全型農業や循環型農業を推進する必要性についても、大半の職員が認めていると思います。

 

 

ただ、有機農業を振興するべきかと問われたときに、積極的に賛成する人はあまり多くいないと思います。

 

 

日本の農業の一番の課題は、農業者の所得を上げて農業を魅力的な産業にすることですので、そのためには、機械化の推進や大規模化、六次産業化などによる効率的な経営を目指すことが重要です。安全性が認められている最小限の農薬を使った方が、労働時間の短縮になりますし、そもそも有機農業は現状では圧倒的にコストがかかるのに、それに見合った高いお金を払って有機作物を買いたいという市場も大きくありません。

 

 

ですので、儲からない有機農業を振興する訳にはいかないという考え方は、ある意味当然だと思います。

 

 

どの農家も、国の定めた農薬の使用基準などに従って、安全な作物を栽培しており、しかも毎日大変な作業を行っています。そうした中で、経済的な利益を見込めず、技術的にもとてもハードルが高い有機農業に切り替えるべきだとは、言えることではありません。

 

 

有機農業を振興すべきと思うか、有機野菜を食べたいと思うかどうかは、個々の人の価値観によるべきものですので、行政が旗を振って大々的に取り組むのは、(社会全体の価値観が変わらない限り)現状難しいのだと思います。

 

 

自分は価値観として、有機農業を振興したい、できるだけ有機作物が多く世の中に出回るようにしたいと思っています。それを実現するためには、例えばアメリカのように、オーガニック商品が売っているスーパーでの買い物が楽しくてワクワクすると思えるようになったり、有機農業を行って利益を出す農家さんが多くなったりするなど、オーガニックのマーケットを拡大することが、一番の道なのではと思います。

 

 

社会をよくするために行政が果たす役割はとても大きい一方で、民間の事業者の新たな取組によって市場を開拓することによって、社会が変わっていくということもあります。

 

 

(続く)


PAGE TOP