Blog

2019/02/27

飲食事業を始めた経緯 3

●玄米と全粒粉

 

 

食事を変えることによって病気が治ることがあることや、体調がよくなり、勉強(や仕事、スポーツなど)を行う上でのパフォーマンスにも影響を与えることを知り、母親の影響も受けながら、自然食について自分なりに本を読んだり学ぶようになりました。

 

 

日本の自然食では、玄米菜食が基本の考え方となっているために、自分も白米ではなく、自宅では玄米を食べるようになりました。

 

 

既にご存知の方も多いと思いますが、玄米を精米して、糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除いたものが白米です。

 

 

お米に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などの身体によい成分のほとんどが糠と胚芽に含まれているために、白米にはそうした栄養分の大半が失われてしまっています。

 

 

これは、小麦にも同じことが言え、小麦を殻ごとそのまま粉にしたのが全粒粉で、一般的に使われている小麦粉は小麦の表皮と胚芽を精製して取り除いています。どちらが栄養素が多く含まれているかは明らかです。

 

 

どうせご飯やパン、パスタなどを食べるなら、身体によいものを食べた方がよいと思って、積極的に玄米や全粒粉のパンやパスタを選ぶようになりました。

 

 

ただ、自宅で料理をする場合には自分で素材を選べますが、外食をする場合には、玄米や全粒粉を選べるお店はまだ少ない状況ですね。

 

 

白米や精製した小麦粉が一般的に使われている理由は、食べやすさと美味しさでしょう。玄米や全粒粉は殻がついているために、食感が固くなり、自分も最初はそうでしたが、慣れないと食べにくさを感じる人も多いと思います。

 

 

でも固い食べ物の方がよく噛んで食べることになり、よく噛んで食べることが様々な健康効果につながることも明らかになっています。

 

 

また、玄米をよく噛んで食べると、白米にはない複雑味の感じられる美味しさを味わうことができます。玄米と添加物が使われていない本物の梅干しとお味噌汁の組み合わせは、とても美味しいです。

 

 

それでも、自分も玄米を食べるのが面倒と感じたり、特に夏場など、玄米よりももう少し軽いあっさりとしたご飯を食べたいと感じるときもあります。そのようなときは、玄米を発芽させてより食べやすくした発芽米や、玄米を一部だけ精米して栄養素を残した五分づき米、七分づき米、食べやすい白米に栄養素の多い雑穀をブレンドした雑穀米などを食べるとよいと思います。

 

 

小麦については、好みの問題もあると思いますが、精製された小麦を使った白くてあっさりとしたパンよりも、全粒粉のパンの方が、味わい深くて自分は好きです。

 

 

日本ではパンというと白いパンが一般的ですが、アメリカでは、サンドイッチをオーダーするときなども白いパンと全粒粉を使った茶色いパン(whole grain bread)の二種類が用意されてあり、どちらが好みか聞かれることが多いです。

 

 

ご飯やパンを食べると太ると言われていますが、それは白米や精製された小麦の話です。

 

 

ビタミンやミネラルが取り除かれた白米や小麦は、言わば、炭水化物(糖質)の固まりのために、食べると血糖値を上昇させ、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンは糖を脂肪に変える働きもあるために、結果、脂肪が溜まって太ります。

 

 

玄米や全粒粉にも同じ分量の炭水化物が含まれていますが、同時にビタミンやミネラル、食物繊維も多く含まれていために、食べても血糖値の上昇がおだやかになるために、インスリンの分泌も抑えられ、脂肪の形成も抑えられます。

 

 

血糖値の上昇がおだやかな食べ物は、低GI食品と言われています。GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略です。

 

 

ただし、お米の糠や小麦の殻には農薬が溜まりやすいために、玄米や全粒粉を食べる際には、農薬を使っていないオーガニックのものを選ぶ必要があります。

 

 

玄米と全粒粉の説明が長くなってしまいましたが、次回からは、農林水産省で働いた経験について書きたいと思います。

 

 

(続く)


PAGE TOP