Blog

2019/10/30

遅延型アレルギー検査について

少し難しいタイトルになりました(^^;)

 

*

 

これまで、日本では、好き嫌いをせずに食事を残さずに食べるのが美徳とされてきました。

 

学校で給食を残さずに食べるのはよい生徒で、嫌いなものがあって全て食べれない生徒はわがままと言われることがありました。

 

給食を食べ終わるまで席を離れられず、極端な場合には、昼食後の昼休みが終わって午後の授業が始まっても給食を食べ続けることを先生に命じられるというようなことも、自分が小学生のときに実際ありました。

 

ただ、最近は、食品アレルギーを持つ生徒が増えているので、全部残さずに食べなくてもよいという考え方が広まってきている気がします。

 

*

 

一般的に知られている食品アレルギーは、食べた直後(2時間以内)にじんましんや咳など、皮膚や粘膜、消化器、呼吸器などに症状が現れます。

 

実は、これに加えてあまり知られていないのですが、遅延型アレルギーというものがあります。

 

食べ物を摂取してから翌日以降などに、肌荒れ、腸内の炎症、体調不良(疲労)などの症状が出るものです。

 

*

 

遅延型アレルギーは、食べ物を食べて一定期間経過してから、通常の疲れと変わらないような症状が現れるために、アレルギー反応を起こしていることに気付かない人が大半です。

 

検査をしてみると、こんな食品に実は自分はアレルギーを持っていたのだと分かることが多くあります。

 

もっと体調をよくしたい、健康的に過ごしたいという人は、機会があれば遅延型アレルギーの検査を受けてみることがおすすめです。(保険が効かないために、2万円程度かかってしまうのですが。。)

 

花粉症に悩んでいる方も、腸内環境をよくして症状を緩和するために、遅延型アレルギー検査がおすすめです。

 

*

 

世の中の価値観は、時代と共にどんどん変わっていくものがあります。

 

昔はしつけの一環として親や教師が子供を厳しく叱責することが当たり前だったのが、今はそうしたことは控えられ、出来るだけ褒めて子供を伸ばすという考え方が広まっていたり、

 

スポーツなどでも根性を見せて我慢して辛い練習をすることが勝利への道だと思われていたのが、楽しんで前向きに練習をする選手が増え、世界で活躍するようになったり、

 

男女の関係でも昔の当たり前、例えば男は男らしく、女は女らしくといった価値観が今は当然ではなくなってきていたり。

 

(勿論、変わるもののほかに、昔も今も変わらないものも当然あります。)

 

*

 

今後、食事については、好き嫌いなく何でも残さずに食べるのがよいという考え方よりも、自分の体やそのときの体調にあった食べ物を選んで食べるという考え方が広まっていくのではと思います。


PAGE TOP