Blog

2019/07/17

近況報告(カレー王座決定戦)

前回のBlogで、アメリカ人の食生活について書き始めましたが、いったん小休憩で近況のご報告をさせてください。

 

 

ここ二週間ほど、下北沢カレー王座決定戦2019に参加していたため、大忙しでした。

 

 

下北沢はカレーの街ですので、カレーのイベント時には、海外からも来られるお客さんがいるほど、とても賑わいます。

 

 

Kumeysが今回のイベントのために開発したカレーも、お陰様で高い評価を頂くことが多く、平日でも朝から夜までコンスタントにお客さまにお越し頂き、週末はお待ちのお客さまで列が出来るほどの賑わいでした。

 

 

ただ、ライバル店の人気も高く、過去2連覇しているお店は、平日も常に満席で、イベントが始まってから多い日では推計でKumeysよりも2倍ほど多くのカレーを提供していました。

 

 

こちらも負けじと、大量のカレーの仕込みを行って、ついにイベント期間最後の3連休の2日目の日曜日には180食のカレーを提供して、初めて2連覇のカレー屋さんより多くのお客さまにお越しいただきました。(ただし、上には上がいて、カレーひと皿の量が違うので単純比較はできませんが、更に多くの数のカレーを提供したお店もあったようです。)

 

 

Kumeysが今回開発し、テレビでも紹介された「八百屋さん自慢の阿蘇和牛赤うしカレー&スパイスカレーフォー」は、2種類の異なるカレーに加えて、3種類の野菜のサンボル(マリネ風のあえ物)、3種の具材の素揚げなどが入っている盛りだくさんの内容で、それぞれ丁寧に仕込みをして作っています。

 

 

スパイスカレーフォーに入っている鶏肉の下準備(皮を剥いだり、脂身を取り除いたり、食べやすい大きさに切ったり、スパイスでマリネしたり)だけでも、一日最大6kgもの鶏肉を仕込んだため、営業時間中のカレー作りや接客、営業前後の掃除・片付けなどの仕事を含めると、忙しい日には朝7時過ぎにお店に入ってから夜中の2時、3時過ぎまでほぼ休憩なしの仕事で、体力の限界ギリギリでした。

 

 

これだけこのカレー王座決定戦に力を入れたのは、勝負事にはやはり負けたくないということ以外にも、このイベントでよい結果を残すことが、今後もKumeysが健康的な料理を提供するお店として長く続けていくために必要と考えたからです。

 

 

飲食業は、初期投資や固定費が多くかかり、競争も激しいシビアな業界ですので、自分の理想とする、お客さまにも喜ばれるお店を続けていくためには、お店の知名度を上げて多くのお客さまにお越しいただくことが、経営上不可欠です。

 

 

今回のイベントでは、いつもKumeysを応援してくださっている方々の他にも、多くのお客さまに初めてKumeysを知って来店していただきました。

 

 

更に、普段、健康のことはそれほど意識していないようなお客さまから、このカレーは素材のよさや身体に優しいことが伝わってくる、イベント以外でもまた来て食べたい、とおっしゃってくださった方が多くいたことが、とても嬉しかったです。

 

 

Kumeysでの食事をきっかけに、オーガニック野菜の美味しさや、化学合成添加物を使わない健康的な料理が身体の調子を整えることを多くの方に感じて頂き、そうした食生活が世の中全体に広まっていくことが、最大の目標です。

 

 

そのためにも、カレーの街・下北沢で開催のカレー王座決定戦でよい成績を残してお店の知名度を上げたいと考え、全力で臨みました。

 

 

結果は、7/17(水)の夜までに発表されますので、当HPのNEWS欄でもご報告いたします。


PAGE TOP