Blog

2019/04/24

日本の飲食業の添加物事情 1

日本の食事は、他の国と比べて、美味しく、安全で、質が高いと一般的に考えられています。

 

 

その上、日本食はヘルシーで健康的というのが、一般的な認識です。

 

 

ただ、日本食といっても、お寿司、懐石料理や昔ながらの一汁三菜の食事から、ラーメン、蕎麦、うどん、お好み焼きなどまで幅広くあり、味は全て美味しいものの、健康面からいうと実は玉石混交です。

 

 

お寿司や伝統的な和食は、脂質が少なく、野菜や味噌汁などの発酵食品をバランスよくとることができ、まさに健康的な食事でしょう。ご飯が玄米だったり、雑穀米であれば、更にヘルシーです。

 

 

一方で、海外で人気の日本食は、お寿司に次いでラーメンです。

 

 

ラーメンは脂質・糖質が多くて決して健康的ではないことを日本人は知っていて食べていますが、海外の人は日本食はヘルシーというイメージがあるので、ラーメンについても深く考えずに同じような認識です。

 

 

ラーメンで更に問題なのは、化学調味料や添加物です。(無化調ラーメンのお店もあるので、ラーメンを食べるなら無化調がおすすめです。)

 

 

 

日本の飲食業では、実は欧米よりも多くの添加物が使われていると言われています。

 

 

日本の食事の質は全般的に高いと考えられているので、多くの消費者は日本で食べる食事であれば、安全面で心配することはないと思っており、安くて美味しいお店が人気となっています。

 

 

でも、安くて美味しい食事を提供するためには、食材の原価を抑える必要があり、安価な原材料を使って美味しい味を出し、美味しく見せるために、もっとも手っ取り早いのが、保存料、旨み調味料、香料、着色料を始めとした添加物なのです。

 

 

コンビニのサンドイッチやお弁当は勿論のこと、スーパーのお総菜なども、ちょっとしたものでもほとんど添加物を使用しています。

 

 

加工品は使用している添加物の表示が義務付けられているので、まだよいのですが、飲食店のメニューでは、食材の産地や使用している原料の表示が義務付けられておらず、何を食べているのか分かりません。

 

 

そして、安くて美味しい日本の飲食業を支えているのは、添加物といってよいほど多くの添加物が一般的に使われており、それを考えると、日本の食事(特に外食)は、決して健康的とはいえない状況にあるのです。

 

 

外食で使われている食材の原材料や添加物については、週刊誌などでセンセーショナルな記事にされることがよくあるので、それを読んで、何か問題だなと思いつつも、そんなに過剰反応しても仕方ないと思って、忘れてしまうのが、一般的だと思います。

 

 

自分もそうでした。

 

でも、スポーツ選手が食事に気を遣うのと同じように、仕事をする人が毎日よいパフォーマンスを発揮して、イキイキとした日々を過ごすためには、そしてそもそも、皆が健康で幸せに生きるためには、どんな食事を摂るのかということが、とても大切なのです。

 

 

次回以降、日本で添加物が多く使われている状況をもう少し掘り下げ、なぜ添加物がいけないのか、添加物をとらないように気を付けるとどんなメリットがあるのかについて、書きたいと思います。

 


PAGE TOP