Blog

2019/09/04

アメリカ人の食生活とライフスタイル 7(グルテンフリー)

9月に入り、東京も少し暑さが和らいできました。

 

 

*

 

アメリカ、特に東海岸や西海岸では、グルテンフリーの食生活を行っている人も多くいます。

 

 

グルテンとは、小麦・大麦などに含まれているタンパク質のことで、グルテンが含まれる小麦などの食品を取らない食事法のことを、グルテンフリーと言います。

 

 

自分が初めてグルテンフリーのことを知ったのは、10年ほど前のことですが、当時は、小麦をとらないグルテンフリーなんて、とても変わっているなという程度の認識でした。

 

 

小麦が含まれている食品はとても多く、パン類全般、パスタ、うどん、ラーメン、お好み焼きなどは勿論のこと、蕎麦(10割蕎麦以外は小麦が使われています)、醤油、コロッケ、クッキー、ケーキ、ビールなどにも含まれており、グルテンフリーの食生活を送ろうとすると、とても大変です。

 

 

ましてや、ハンバーガー、サンドイッチ、ピザが主食のアメリカでグルテンフリーを行うのは、とても困難なはずなのですが、アメリカの多くのスーパーでは今、グルテンフリーのパンやシリアル、お菓子などが販売されており、大きな需要があります。

 

 

欧米では、遺伝的にグルテンを身体が受け付けない体質の患者が1%程度いることが知られていますが、そうではない一般の人の間でも、グルテンフリーが広まりつつあるからです。

 

 

*

 

グルテンフリーといえば、必ず紹介されるのが、全米・全英・全豪・全仏のテニス4大大会を16回制覇し、今日現在も世界ランキング1位のジョコビッチ選手の逸話です。

 

 

過去10年間にわたり圧倒的な成績を残してきたジョコビッチ選手ですが、食生活を変える前までは、どん底を経験したと語っています。

 

 

早くから世界大会で注目を浴びる実力を持っていたものの、体調を崩すことが多く、試合途中の一番大事な場面で原因不明のまま突然倒れてしまい、試合を棄権してしまうことを繰り返し、周囲からは、あいつは喘息だとか、調整不足なんだと、あざ笑われる状況。

 

 

それを見返すために、更にハードなトレーニングを重ね、メンタルの弱さが原因なのかもしれないと思ってヨガなどで思考の平静を保つことも心がけても、重要な試合の途中でやはり倒れてしまうことの繰り返し。

 

 

このため、世界ランキングのトップ10まで入ることは出来ても、その先の壁を越えることができなかったとのことです。

 

 

それが、小麦製品を取らない食事法を実践してから最初の3ヶ月で、体のキレがよくなり、神経が研ぎ澄まされ、かつてないほどの活力がみなぎるようになりました。

 

 

試合中に疲れを感じることも、息切れすることもなくなり、その後の活躍はご存知のとおりです。

 

 

*

 

小麦をとらないことによってなぜジョコビッチ選手の体調が激変したのかですが、ジョコビッチ選手は小麦にアレルギー反応を示す体質で、小麦製品をとることによって、腸を始めとする体内に炎症を起こしていたとのことです。

 

 

体内の炎症は、病気として気付かれるほどのものではないために、ほとんどの場合、見過ごされるのですが、それがテニスの世界大会のような過酷な状況の中では、症状として現れていたようです。

 

 

これだけを聞けば、単にジョコビッチ選手が、小麦に対して過敏反応する特異な体質だったということだけのように思うかもしれませんが、実は、小麦に対してこのような反応を示す人はかなり多くいるようです。

 

 

このため、ジョコビッチ選手を真似て、小麦を食べるのをやめたところ、体調がよくなり疲れを感じにくくなったとの人が多く現れ、それによってグルテンフリーがアメリカでも広まりました。

 

 

本年2月にもこのブログで紹介した、アメリカンフットボールのナンバーワンプレイヤーのトム・ブレイディ選手も、グルテンフリーを実践しており、最もハードなスポーツ界の中で怪我をせずに40歳を超えても現役で、20代前半の選手を相手に勝利を収めて、今年も優勝を遂げました。

 

 

ここから先の話は、必ずしも科学的根拠がまだ示されている訳ではないのですが、ある特定の食品を過度に摂取し続けると、アレルギー反応を起こしやすくなる場合があるようです。

 

 

日本もあまり変わりのない状況ですが、特に欧米では、今、小麦製品はありとあらゆる加工食品の中に含まれており、それによって、小麦製品に過敏に反応する体質の人が増えているのではないかと思います。

 

 

特に小麦に含まれるグルテンが胃腸に炎症を起こす性質を有しており、少量であれば特段問題はないものの、多く摂取すると、それが症状として現れるのではないかと思います。

 

 

ただし、この体内の炎症によって現れる症状は、体がだるくなったり、疲れやすくなったりする、免疫力が落ちて花粉症などを発症しやすくなるといった程度の場合がほとんどなので、そのような炎症が起きていても、それに気付いていない人が大半です。

 

 

このため、本人はずっと気付かずにいたものの、勧められて小麦製品をとらないようにしたら、実際に体調がよくなったと感じたので、グルテンフリーを取り入れているという人が多くいます。(私もその一人です。)

 

 

アレルギーとまではいかなくても、小麦製品を取ると、その後、眠たくなるという人は、案外多いのではないでしょうか。


PAGE TOP