Blog

2019/08/14

アメリカ人の食生活とライフスタイル 4

アメリカの東海岸や西海岸の富裕層の間では、食事によって身体が作られているとの意識が浸透しています。

 

 

女性が健康で美しくなるためや、スポーツ選手のみならずビジネスマンでも仕事で高いパフォーマンスを発揮するために、単に美味しい食事ではなく、栄養の面でも質の高い食事を求める人々が多くいます。

 

 

オーガニック野菜や自然食品を扱うスーパーマーケットのホールフーズマーケットやトレーダージョーズは、カリフォルニア州などの西海岸や、ニューヨーク、ボストンなどの東海岸を中心に、それぞれ全米で400店舗以上展開しています。

 

 

また、日本でも流行ったアサイーやキヌア、チアシード、ゴジベリーなどのスーパーフードも最初にアメリカで人気になったものです。

 

 

スーパーフードは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの必須栄養素が多く含まれている食品ですが、最近、アメリカで注目されているものの一つは、ヘンプシード(麻の種)です。

 

 

ヘンプシードには、タンパク質やミネラル、体内で作ることのできない必須脂肪酸のオメガ3やオメガ6が多く含まれており、サラダなどのトッピングとして食べられる他にも、豆乳の代わりにヘンプシードミルクとして使われています。

 

 

日本では、ヘンプ(麻=大麻)は大麻取締法によって栽培が禁止されていますが、大麻の様々なよい効果が海外では認識されています。

 

 

特に、大麻から抽出されるCBD(カンナビジオール)オイルは、薬物としての大麻のような覚醒(気分が高揚する)作用はなく、うつ症状や慢性の痛みの軽減、深く眠れる効果や気分を落ち着かせる効果を有することから、一般の家庭でも用いられています。(少し値段が高いですが、CBDオイル入りのチョコレートなどもオーガニックスーパーで売っています。)

 

 

また、日本では、仕事で頑張る時には、ユンケルやリポビタンD、アリナミンVなどの栄養ドリンクを飲むのが一般的です。(自分も農水省時代には、身体にあまりよくないと思いつつも、多用していました。)

 

 

アメリカにも、日本でも販売されているMonsterという栄養ドリンクがありますが、果糖ブドウ糖液や添加物が大量に入っているために、自然派志向の方は当然、飲みません。

 

 

代わりに、生野菜をコールドプレスして生姜やターメリックなどの自然由来の栄養素を多く入れたドリンクを、ショットで飲んで元気を出すことが、人気になりつつあります。

 

 

(米国のスーパーで販売されている天然由来の栄養ドリンク)

 

 

 

(続く)


PAGE TOP